True Love's Kiss

東京ガール in フロリダの田舎町で主婦

True Love's Kiss

Anna's American days in Florida

アメリカで妊娠 Part1

f:id:trueloveskiss:20180628012239j:plain

 

前回書いた通り、アメリカでの妊娠発覚からどんな手順で進めていったかを紹介します〜!👶

 

まず、妊娠検査薬をウォルマートで購入。結果を見て、お、マジか。と結構冷静な反応。笑 仕事から帰ってきたカルロスにも伝えて(よくインスタに載っている凝ったサプライズなどは一切ないよ。あれ本当にやってるのかな?笑)私以上に喜んでいたよ☺

 

病院は予約するべきなのかよくわからなかったので翌日電話してみることに。そしたら予約は必要ないので受付で妊娠検査したいと伝えてと言われました。

 

カルロスと一緒にネイビーの病院に行き、検査してあっさり陽性と言われ、OBコーディネーターが1週間連絡するからねという感じでその日はさくっと終了。

 

なかなか連絡来ないな〜なんて思っていたんだけど、連絡が来る前に少量の出血があり、それプラス1週間ぐらいうっすらお腹が痛い時が1日に1回以上あったの。心配になったのでもう1回病院に行ってみたらUrgent Careに行けと言われ、同じ病院内のUrgent Careに。これが思いもしないナイトメアに・・・笑

 

インフルエンザの時期だったからすごく混んでいたし、なかなか呼ばれないし、呼ばれて別室に移動しても先生来ないし、なんだかんだ、その場所の滞在時間6時間以上!!!しかもその日の夜はカルロス、夜勤があったので帰ってきてゆっくりする間もあまりなく仕事に行く準備。なんだか申し訳ない・・・(;O;)

 

そのUrgent Careでは中を見られ、エコーを撮ったりとしっかり調べてくれたからよかった。とりあえず様子をみてということに。

 

これが金曜日だったので次の月曜日に私からOBコーディネーターに連絡を入れたら、何回か電話したのよ〜って言われたけど、不在着信1回あっただけ。もう少し出るまで連絡くれても良かったのにねぇ。笑

 

同じ週にドクターとの予約を入れてくれて安心と思ったら、また連絡が来て、今日これから来れる?って。ん?今から?と思い急いで支度して病院に行くことに。この日はコーディネーターの人と必要書類に記入したり書類をくれただけの簡単な手続きをしてきたのだ。実際にドクターにあったのは事前に予約した日。

 

アメリカでは妊娠発覚後の最初の検診は7週目〜12週目と結構遅い場合も多くて、調べてみると遅くて心配になる人も結構いるとか。私の場合は心配なことがあったから早めに1回目の検診をしてくれたよ。

 

そんなわけで、私の住んでる街のネイビー病院では

1、直接病院に行き妊娠検査を受ける

2、OBコーディネーターからの連絡を待ち、予約を入れる

3、ようやく実際にドクターにあう。

 

こんな感じ。OBコーディネーターとあった時に日本の母子手帳とは違うけど、情報が載ってる冊子をくれたり、ベビーグッズに使えるギフトカード(クーポンコード)、ちちょっとしたサンプルをくれたよ。日本みたいな母子手帳システムはないので結構いつ検診があったとか、体重の増え具合とか自分で記録を残しておかないと忘れちゃう。検診日はアプリで記録しているだけで、特に他にはなにも残していないおおざっぱな私。

 

よくやっておけば良かったことに写真をいっぱい撮るっていうのも、個人的には顔も丸いし、太く見えるし、あまり写真を撮るきになれなくて・・・今のお腹が大きめの時に撮ればいいのかな。インスタとかに露出多めのマタニティフォトを載せてる人多いけど、なんか恥ずかしくてむり。笑 それに都市に住んでない分、出かけるときもスッピンとか適当なことが多いから今まで以上に写真を撮らなくなった😒もっと記録に残したほうがいいのかな〜。w

 

今回はこんなところで!See ya☆

 

 

 

 

Spnsored Link