True Love's Kiss

東京ガール in フロリダの田舎町で主婦

True Love's Kiss

Anna's American days in Florida

PCSができない

f:id:trueloveskiss:20190510051326j:plain

誰か、気になっている人いるかしら?私達のPCS状況を。(いないと思うけどw)

 

結論から言うと、PCSできていないのだ。

 

5月1日にはペンサコーラを出発して10日間のロードトリップを楽しんでからのCAにあるベースでカルロスがスクールに行く予定だった私達。(その後に、日本へ)それに合わせて家の売却も話が進んでいたし、ホテルも予約していたし、結構準備満タンだった・・・・が、移動禁止令がでて案の定、私達も対象なのでPCSできない状況に。

 

前の記事でも少し書いたけど、家の引渡し日は4月の後半って決まっているからどこに住めばいいの?この家具たちは引越し業者きてくれるの?そもそも日本に行けるの?っていうどーしたらいいの状態。

 

引越し業者も来る日が決まっていたけど、すべて一度キャンセル。カルロスがいろんな人に連絡を取り、最終的には引越し業者が来てくれることに。5月の終わりにはすでに日本に到着したみたいだから、私達より家具たちがすでに日本にいるという珍しい状況w 

 

移動できるまで滞在する場所が必要なんだけど、最初はベース内のホテルを予約していたの。45日分ぐらい。一泊85ドルぐらいするからめちゃくちゃ高くなるし、もちろん軍からの支給なんてない。通常のBAHだけ。とりあえず、家を空にしないといけないので荷物を運びだしてホテルにチェックイン。3年前にペンサコーラに来たときも数日泊まったけど、今回の部屋は1階で目の前がドッグパークみたいにいろんな人が犬の散歩をさせてる。。。そして床はなんだかベトベトしてるし、キチネットなんだけど、カウンターは臭い。当然ワンルームなのでベビも一緒の部屋で寝なきゃいけないし、それなりに荷物多いし。。。。ここに45日間住むなんて絶対いや。

 

家を空にし、最終チェックに行った時、仲のいい目の前に住むご近所さんと話していたら、近くのバケーションレンタルのことを教えてくれたの。早速調べてみると、ホテルにステイするより安い!(このご近所さんとはうちらの状況もよく話していたのになんで事前に教えてくれなかったのw)空きがあったのでホテルはすぐにチェックアウトしてバケーションレンタルのコンドに移動。家からホテルに移動するのは荷物が多くてかなり大変だったけど、また同じことをすることに。でもこのホテルに滞在しなくていいなら当然また運び出す。コンドに行ってみるとプールもあるし、バーもありのかなりいい感じ。(レンタルしてすぐの頃はまだコロナの影響でプールもバーも閉鎖されていたけど、タイミングよく数日で解除。)

 

キッチン、リビングルーム、ベッドルーム、バスルームの3人で生活するには十分なコンド。スーツケース以外にも、使い終わったら最後に処分する予定の包丁セット、鍋、フライパンなどなど普段の生活に必要なものは残していたから荷物の量が半端なかったけど、とりあえず少しづつ荷解き。バケーションレンタルだから、家具、キッチン用品、生活必需品は部屋に備え付けてあるので結構便利。

 

コンドの部屋に移動した翌日、2階の部屋に(私達は1階の部屋)修理の人がやってきたのか、かなりの騒音が。軽い修理ですぐ終わるかなと思ったら朝の9時過ぎから2時ぐらいまでひたすら騒音。まじかよ。っていう状況。どんだけ運悪いのwww

 

さすがにこれを我慢するのは無理だと思ってカルロスがマネージメントに連絡を取ったら1週間は修理の人が来るとか。この状況でよくレンタルに出したなと思いつつ、他のコンドに移れるとのことで今回は事前に部屋の中をチェック。その候補の1つだったコンドは空いているのを知っていたけど、値段が少し高いので選ばなかったところ。でも2階の部屋だし、ちょっと奥まった位置にある上、駐車場から少し歩く。。。。でもここに追加料金なしでステイできるなら。。とのことで決定!すでにもう荷解きもしたし、また箱やスーツケースに詰め込んで、車に詰め込んで、移動して2階に持ち運ぶ。。。考えただけでも嫌になるけど、カルロスが出来るっていうから決行。

 

家→ホテル→コンド1→コンド2に重たい荷物を移動させるということを成し遂げてようやくこの部屋に落ち着いた私達。もう二度とこの状況にはなりたくない。本当に大変だった。

 

コンド2の部屋はインテリアもいい感じだし、キングサイズベッドだし、コンド1よりいい部屋。(バケーションレンタルはそれぞれの家のオーナー違うし、コンドによってレイアウトが同じでも家具やインテリアが全然違う。)とりあえず、6月には移動できていることを願って40日間はここにステイ。

 

と思っていたら。移動禁止令延長。改定されたオーダーもすでに持っていたけど、移動できないので意味無し。このバケーションレンタルは5月29日のメモリアルデー以降、夏料金になるみたいで高くなるからもう長い間レンタルすることもできない。(私達がステイした40日間はギリギリオフシーズン料金で本当に良かった・・)

 

ベースハウジングに移動出来るまで住ませててくれたら助かるのに、それはできなかった。シニアチーフやチーフたちもさすがに心配してくれて少し動いてくれたみたいだけど結局ダメだったみたい。困っているサービスメンバーがいるのに結局、軍はなにもしてくれないのよね。まぁ前例がない状況だからどうしようもないのかもしれないけど。

 

たまたま、カルロスの同僚で、同じフロリダ内にPCSする人が住んでいた家をレンタルに出す予定だったけど、とりあえず、その家を貸してくれるって言ってくれて。神!!!

 

バケーションレンタルからも、前住んでいた家からも比較的近い、慣れているエリアだし、家はかなり広めで、フロリダルームや庭もあり。冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、食器乾燥機、オーブン付き。(レンタルに出す上でこれらは必要な電化製品)貸してくれた、彼も移動と同時に借りてがついて winwinな状況。それにしても本当に貸してくれて助かった。

 

ただ、電化製品をのぞいて家の中は空っぽ。ここで1ヶ月生活するのはどうなることやらと思ったけど、持っていたPCS必須のキャンプ用品でなんとかなっている。ベッドは当然ないから、キャンプ用のコットで寝ている毎日。食事はキャンプ用の椅子とテーブル、ベビは軽量のクリブがあるのでそれで寝ていて、問題なし。さすがにキャンプ用の椅子だけじゃリラックスできないから膨らます式のカウチを購入。これがかなりいい感じの商品でかなり気に入ったw

 

4月の後半から5月の終わりまでバケーションレンタルに滞在、6月から1ヶ月間は同僚の家にステイ、7月には移動できていると想像していたけど、できないんだなぁ〜。カルロスの行くスクールの空きが8月にしかないからそれまでペンサコーラから出られないとか〜〜〜〜〜。

 

本来、7月からこの同僚の家はウェブに掲載されてレンタルを募集するところだったけど、その人がリアルターに掛け合って、7月も私達が住めるようにしてくれた。感謝。最初はオーナーとリアルターの契約が決まっているから変更できないって言われたみたいだけど、彼が気を利かせてくれて住めるように、、、(PCSできないミリタリー家族を家から追い出すことはできないとかいう感じのルールを言ったらリアルターも引き下がってくれたみたい)

 

本当に、いつになったらPCS出来るのーーーー!?っていう中、まだまだコロナに感染する人はどんどん増えている毎日。移動に関するルールも変わってきてはいるものの、PCSをストップされている人はたくさんいるはず。

 

この間、カルロスのディーテイラーから連絡が来てうちらの状況を改めて確認してきたみたい。4月にはすでに家具を発送しているってところですでに驚いていたらしい。今の段階でうちらはPCSを決行させる最優先にいるみたいなので8月からスタートのスクールには行けるみたい。でもその前に14日間の隔離が必要でサービスメンバー本人はもちろん軍が負担するけど、家族の分は負担しないって。隔離のあとは寮にステイするみたいだからもし家族がくるなら自分たちでホテル確保して全部本人負担。

 

はぁぁぁ。そんなもんだよね。一緒にバージニアまで行く予定だったけど、すべて実費なら行きたくない。しょぼいホテルに1泊95ドルx45日分なんて高すぎるし。そんなわけで予定になかった私とベビだけ先に日本に行くことになりそう。

 

こんなことになるとは思っていなかった今回のPCS。アメリカ内でもPCSならできていたかもしれないけど、overseasだし、日本に行く前にこれから就く仕事のトーレーニングも必要(これがバージニアでのスクール)だからどうにもこうにもならない状況。

 

PCSができていない人で、住む家がない人とかにサポートが出ればいいのに。ネイビーいわく、誰も家を買えとは言ってないし、売れとも言ってないから家がない状況は責任とらないとか。それはそうだけど、なんだか無責任な感じ。

 

日本に行けそうなのは嬉しいけど、カルロスと2ヶ月も離れ離れになるのがいやw ベビもパパ大好きだし、このペンサコーラにいた3年間、仕事の時を除いて一緒に過ごさなかったときはほぼないからなぁ。まぁこれからデプロイがあるから慣れないと行けないんだけど。

 

そんなわけで、私達の近況を書いてみました。w

 

では☆

Spnsored Link